猫が舐めても大丈夫なハンドクリームはドラッグストアに売ってる?

猫が舐めても大丈夫なハンドクリーム 田舎暮らしを楽しむ
種類は色々あるが、基本的に単一の物質で他の物を含まないクリームが良い

猫が舐めても大丈夫なハンドクリームは、ドラックストアで購入できるワセリン(グレード有)が一般的で、代用として猫の肉球の乾燥に使えるクリームにヒルドイドがあります。

ヒルドイドはヘパリン類似物質で、人の肌荒れや乾燥に処方されますが、猫に使っても全く問題ありません。

結論から言って、私の自宅の猫にワセリン(プロペト)やヒルドイドを使っても健康被害は全く起きていません。

猫が舐めても大丈夫なハンドクリームの成分を、含まれている化学物質や、獣医師のコラムを交えながら具体的に解説します。

スポンサーリンク

猫が舐めても大丈夫なハンドクリームはドラッグストアに売ってる?ポイント

  • 猫が舐めても大丈夫なハンドクリームはドラックストアで購入でき、代表的なものがワセリンやヒルドイド。(但し、猫が舐めても平気な食用グレードか医療グレードを使用する事)
  • 猫の肉球の乾燥にヒルドイドが使えるが、大量に使うと猫によってはアレルギー反応を起こす事もあるそうです。(使用前にかかりつけ獣医師に相談する事)
  • 猫が油を舐めるのは、神話ではなく具体的な根拠があり肝臓に含まれる油には猫に必要な栄養素であるビタミンAやビタミンDが沢山含まれている。
PR:このページではプロモーションを表示しています

ドラッグストアで売ってる猫が舐めても大丈夫なハンドクリームの成分

一般的に、市販のハンドクリームは猫が舐めると安全ではない可能性があります。

ハンドクリームには、猫にとって有害な以下の成分が含まれていることが多いためで、その成分には、防腐剤・石油由来の界面活性剤・鉱物油・香料が含まれる可能性が高いので、基本的には舐めさせないように注意が必要です。

市販品で猫に安全なハンドクリーム
柑橘系香料が含まれている場合は要注意!
  • 防腐剤:パラベン、フェノキシエタノールなど
  • 石油由来の界面活性剤:ラウレス硫酸ナトリウム、ラウリル硫酸ナトリウムなど
  • 鉱物油:ワセリン、パラフィンなど
  • 香料:人工香料、精油など

これらの成分は、猫が摂取すると、嘔吐、下痢、皮膚炎、アレルギー反応などを引き起こす可能性があります。

猫が舐めても安全なハンドクリームも販売されており、これらのハンドクリームは、食用成分で作られており、猫が舐めても害はありません。

香料に関しては特に注意が必要で、以前の記事でも解説した通り、柑橘系香料として一般的なレモンには猫に対して有害なリモネン・ソラレンが含まれており、体調不良や皮膚炎の原因になる可能性があります。

猫に柑橘系の香料は非常に危険!リモネン・ソラレンで猫の健康被害も!?

ドラックストアで売っている猫が舐めても大丈夫なハンドクリームの成分として代用となるのが、ワセリンです。

ワセリンは、皮膚の表面に保護膜を作り、水分を閉じ込めることで、保湿効果を発揮します。また、刺激が少なく、敏感肌の方でも使いやすい成分です。

ワセリンは猫が舐め