家の前で道路のひび割れ。放置すると地盤が陥没!補修と舗装方法

10cm以上の厚みを設け更に鉄筋を入れて補修した場所 趣味のDIY
鉄筋をきちんと入れて10cm以上の厚みがあれば基本的にひび割れしない

家の前で起きた道路のひび割れは放置すると水たまりになったりするのは勿論、路面が露出しているのでそこから地盤が陥没して危険です。

家の前の道路のアスファルトの一部が剥がれてしまった場合にDIYで補修する方法を解説します。

様々な厚みや材料を使って実際にDIYで道路を補修した筆者の体験は他に無く、皆さんの参考になるはずです。

スポンサーリンク

家の前で道路のひび割れ。放置すると地盤が陥没!補修と舗装方法のポイント

  • 家の前の道路が地震などでひび割れてしまった場合、放置すると水たまりや陥没の原因になるので、国道なら市役所へ連絡。自宅ならDIYで補修しよう!
  • 陥没してしまった道路をうまく補修するポイントはずばり厚みと鉄筋にあり!中途半端な厚みでコンクリートを打っても直ぐにひび割れる。
  • ひび割れた道路をコンクリートで舗装した場合、人が歩けるようになるまで3日は必要。車なら約1週間が目安。
  • 3年後もひび割れないコンクリート補修するには最低10cmの厚みを確保し、鉄筋を必ず打ち込む。(コンクリートの比率は1:3:3がおすすめ)

ひび割れた道路をうまく補修するには、コンクリート配合と厚み。そして鉄筋が重要だが、コンクリートの下地が生きている場合などはノリを入れるか十分に打ち水をしてから作業する。最後につなぎ目をスポンジなどで擦ってなじませるとより効果的!

PR:このページではプロモーションを表示しています

家の前で道路のひび割れが起きて水がたまりが出来る。自宅ならDIYで補修可能!

家の前の道路が国道や県道かによっても対応方法は変わってきます。

勿論、私有地や私道でしたら自分でDIYすることも可能ですが、国の持ち物である国道や県道などはそうはいきませんので、迷わず市役所や土砂崩れなどがひどい場合は警察どに連絡する必要があります。

家の前の道路の陥没の原因は様々ですが、多くは地震によるひび割れや道路亀裂が起きているパターンが多いようです。

また、通常車や人が通る道として使用されている道路にはコンクリートではなくアスファルトが使用されています。

アスファルトはコンクリートよりも柔軟性があり、管理や加工のしやすさコスト面などから大量生産でき日本の殆どの道路はアスファルトです。

私が以前住んでいた海外では圧倒的にコンクリートが多かったです。

水たまりの起きたコンクリートやアスファルトは転倒や事故の原因になりますので早めの補修をする必要があります。

道路のひび割れは放置すると地盤が陥没する原因に!

冒頭でも触れた通り、道路のひび割れは放置すると陥没の原因になります。

アスファルトやコンクリートが剥がれた地面は通常土ですので、人や車が通ればそこからどんどん削れて陥没していきます。

雨で土が流れて更に陥没や水たまりの大きさは拡大します。

コンクリートとアスファルトの相性はあまり良くありませんが、画像の様にポイントを抑えて補修すれば見た目は悪いですが、とりあえずひび割れする事無く通行する事が可能になります。

アスファルトも一般に流通している事はしていますが、やはり個人で大量に入手となるとなかなか難しいですし、コンクリートよりも費用は嵩みます。

コンクリートやアスファルトが陥没して穴が開いた道路は土がむき出しでそこから草や木が生えると余計に舗装が捲れてきます。

草や木の生命力や力は意外に強く、張った根の部分に車や重機が乗ってそこを起点にひび割れてしまう事もあります。

家の前が地震で道路にひび割れや道路亀裂が起きたら早めに市役所に連絡を!

地震などで道路が陥没したり道路亀裂が発生した場合は、なるべく早く市役所に連絡しましょう。

静岡県にお住いの場合の連絡先や情報はこちらになります。

道路・橋りょう

緊急を要する場合 静岡市役所(代表)054-254-2111まで電話でご連絡をお願いします。

静岡県の市役所のLINEに登録するとlineからの緊急連絡も可能なようです。

道路のひび割れを補修する効果的な方法は?

写真を見ながら道路の補修方法の違いによる数年後の経過についてみて行きましょう。(自宅道路)

入居当初は道路のアスファルトが所々剥がれていたので、今回は3パターンでコンクリート補修後3年年後の様子を観察します。

[1] 厚さ3cm(30mm)のコンクリート(砂・砂利・セメント)を割れた部分に流し込んだだけ。

[2] 厚さ10cmのコンクリート(砂・砂利・セメント)に鉄筋を入れたコンクリート。

[3] 厚さ10cmのコンクリート(砂・砂利・セメント)を割れた部分に流し込んだだけ。

パターンは上記になります。それでは写真で経過を観察します。