キッチン天井照明のLEDおすすめ!ダウンライト電球色の失敗と後悔

シーリングライト+ダウンライト 田舎暮らしを楽しむ
キッチン天井照明で失敗しないおすすめのLED照明

キッチン天井照明のLEDでおすすめは断トツでシーリングライトです。

ダウンライトも台所照明としてはおしゃれで良いですが、シーリングライトに比べ、照度が弱いので全体を明るく照らす用途には向きませんし、一つ一つのメンテンナンスが大変で失敗したという取り付けに後悔するケースがあります。

また、ダウンライトに白色は合わないのでエジソン球などの電球色を選択する事が多いですが、これもまた白色に比べて暗く感じて、電球色のダウンライト取り付けに失敗した!後悔したという原因になります。

ダウンライトは家庭用というより、おしゃれな店舗向けのキッチンLED天井照明で、家庭で使用するなら電球色よりも白色の方が実用的です。

スポンサーリンク

キッチン天井照明のLEDおすすめ!ダウンライト電球色の失敗と後悔ポイント

  • 家庭のキッチン天井照明ならLEDシーリングライトがおすすめ。ダウンライトはおしゃれだが電球色よりも白色の方が実用的。
  • キッチンの天井照明で料理をおいしく見せたいなら、白色よりLED電球色がおすすめで失敗が無い。
  • ダウンライトは店舗向きで家庭で使用するとメンテナンスの煩雑さや、灯の広がり具合で後悔する可能性もある。
PR:このページではプロモーションを表示しています

キッチン・台所のLED天井照明でおすすめはシーリングライトが実用的

キッチン・台所でLED天井照明でおすすめはシーリングライトの理由と、ダウンライトの使いどころを簡単に解説します。

ダウンライトとLED電球
ダウンライトには主にLED電球を取り付ける事が一般的だ
ダウンライトのスイッチ
ダウンライトのON・OFF切り替えはメインのシーリングライトとは別の事が多い

シーリングライトは、灯を全体に拡散できるリフレクターがついており、部屋の隅々まで明かりを届ける事ができ、明るさもリモコンで調整可能で、最近の物は低価格でも色温度が調整できるので、気分によって明るさや色調のバランスを整える事が可能で実用的で、家庭で使用するには失敗が少ないLED天井照明です。

ダウンライトはメインで使用するよりも、メインライトのサブライトという位置づけのLED天井照明で、拡散光ではなくスポット光で照らす範囲が限定的です。

メインのシーリングライトをリモコンで色調が操作可能な場合、ダウンライトの色調が別になるとバランスが悪くなるので、同時に変更できるようにするとコストがかかり後悔する可能性があります。

取り付けも少々面倒で、引っ掛けシーリングのように気軽に取り付けられるものではなく、照明器具の大きさに合う穴をホルソーやジグソーで開けた上での施工となるので、工事費用も高くなります。