給湯器の水抜きが必要ないと考えるのは危険な理由3選!故障の可能性

給湯器の水抜きが必要ない? 田舎暮らしを楽しむ
最近の給湯器は自動で水抜きされるので、意識的な水抜きは必要ない場合が殆ど!

給湯器の水抜きが必要ない訳ではない理由は、3つあり、『冬場の凍結』『雑菌の繁殖』『銅管の劣化による水漏れ』で、よくある理由の凍結以外にも、風呂釜内部の雑菌の繁殖を抑える目的や、入浴剤を入れて硫黄や炭酸による銅管の劣化を防ぐ目的があります。

特に、硫黄や炭酸の入った水は給湯器には最悪で、銅管を腐食させるので、追い炊きしてしまった風呂水は捨てると共に、給湯器内部の水抜きをして給湯器を傷めないようにする必要があります。

今回の記事では、他のサイトでは解説していない給湯器の水抜きについて、理由や水抜きの方法を解説します。

スポンサーリンク

給湯器の水抜きが必要ないと考えるのは危険な理由3選!故障の可能性ポイント

  • 給湯器の水抜きは必要ない訳ではない!定期的な水抜きは風呂釜の劣化を防止する。
  • 給湯器の水抜き栓は、給湯器の下の追い炊き配管の付近についている。(画像参照)
  • 水抜き栓の開けっ放しは、ガス代・電気代・水道代を無駄に消費するので開けたら必ず閉めよう。
PR:このページではプロモーションを表示しています

給湯器の水抜きが必要ない訳ではない理由3選!故障や感染症のリスク

どのサイトを見ても、給湯器の水抜きをする理由は、『長期間使用しない場合の凍結防止』が理由として挙げれていますが、実はそれだけではないってご存じですか?

給湯器のタンクは通常、湯沸かし部分と追い炊き部分に分かれていますが、追い炊き部分の水抜きが特に重要です。

長期間使用しない場合に給湯器の水抜きをする事は、寒い冬の間の凍結防止以外にも様々なメリットがありますので、どういった理由で給湯器の水抜きが必要ないケースがあるのかも解説します。

給湯器の水抜きが必要な理由は?
凍結の防止、感染症の防止、配管の劣化の3つ

長期間使用しない給湯器の追い炊き内部の水を貯めたままにしていると、冬場の間は凍結する事は勿論、雑菌の繁殖、パイプ内部での湯垢や不純物の結晶化、銅管の劣化が挙げられリスクしかありません。

1.給湯器を水抜きしないと冬場は凍結して破裂や給湯器故障の可能性

冬場に給湯器を水抜きしないと危険な理由は、当然のことながら配管や給湯器内部の凍結ですが、ケースによっては水抜きが不要な場合もあるって知ってました?

他のサイトには、意外とこういう突っ込んだ技術的な内容が漏れていたりするので、技術面からも給湯器の水抜きが必要な理由と、必要ない理由を解説します。

給湯器を観察すると、何か保温材のようなものが巻かれていませんか?保温材が巻かれていても、保温材だけだと、寒い地域では凍結してしまう可能性がありますので、水抜きをした方が良いです。

昔の給湯器や配管がむき出しの給湯器はリスクが大きいですが、実際の所、現在の給湯器は個人で水抜きが必要ないケースの方が多いです。

と、いうのも設定次第では自動で給湯器内部を洗浄して毎回水抜きしてくれる給湯器もありますし、ある一定温度以下になると、自動で排水する機能が備わっているからです。

他にも配管に保温材のようなものが巻かれており、かつ、その保温材から配線が出ておりコンセントに繋がっている場合は、保温材と一緒にヒーターが埋め込まれており、寒くなっても凍結しないように自動で配管を温める役割がありますので、無理に水抜きは必要ないと言えます。