猫に安全なアロマオイルの代わり!猫に有害なものは死亡する可能性!

猫に安全なアロマオイルは? 田舎暮らしを楽しむ
基本的に猫に安全なアロマの代わりは存在しない!

結論から言って、猫に安全なアロマオイルの代わりを探すよりは、有害な成分の方が多いので、万が一を考慮してアロマオイルやアロマストーンは使わないのが一番です。

これは、この記事を書くに当たりどこの動物病院を見ても、『全ての成分が有害という訳ではないが、使わないのが一番安全と意見が一致しています』中には『猫にアロマオイルは使ってはダメ』と、言い切っている動物病院の医師もいるので、基本的に猫に安全なアロマオイルは存在しないことがわかります。

どの動物病院のコラムにも、猫がアロマオイルを舐めてしまった場合、個体によっては肝機能障害などの重篤な症状が出る他、最悪死亡する可能性を示唆しており、非常に危険です。

スポンサーリンク

猫に安全なアロマオイルの代わり!猫に有害なものは死亡する可能性!ポイント

  • 猫に安全なアロマオイルの代わりは存在しない!と、覚えておくのが良い。使える成分の方が少ない。
  • 猫のいる空間でアロマオイルやアロマストーンを使うと、肝機能障害で最悪死亡する可能性もある。
  • 一応猫に使えるアロマオイルはヒノキ・ラベンダー・ムスクと言われている様だが、他の有害成分を含む事が多いようである。
PR:このページではプロモーションを表示しています

猫に安全なアロマオイルの代わりと成分や影響から解説!

猫にとって、エッセンシャルオイルは安全ではありません

アロマオイルで猫が死亡?
猫にとって有害な成分は肝機能障害を起こして死亡する可能性がある

たとえそれが「天然」または「ペットに優しい」と表示されていても、猫にとって有害な可能性があり、猫は人間よりも嗅覚が敏感で、エッセンシャルオイルに含まれる化学物質を代謝する能力が低いためです。

エッセンシャルオイルの代わりに、猫にとって安全で効果的な以下の代替品を検討することができます。

キャンドルワックスは、100%天然の植物由来のワックスで作られたキャンドルやワックスを選び、人工香料や染料は避けてください。

ラベンダー、カモミール、ベルガモットなどの、猫にとってリラックス効果のある香りを試してみてください。

キャンドルやワックスを燃やすときは、猫が届かない場所に置いてください。

エタノール・水・エッセンシャルオイルで作られたルームスプレーも有効ですが、エッセンシャルオイルは脂溶性の物ではなく、水溶性のものを選ぶと匂いも残り難く、猫が嫌がる場合直ぐにふき取る事が出来ます。

また、水溶性のアロマオイルを使用する場合、レモンにはリモネンやソラレンが含まれている可能性があり、リモネンやソラレンは猫に毒性を示す可能性がありますので、避けるべき香りです。

安全でも、あまりにも匂いのきつい香りは猫にとっては苦痛かもしれません。

猫に安全な芳香剤や消臭剤は、アロマオイルと似た成分ですので猫に安全な消臭剤についても併せてご覧ください。

消臭力は猫に安全な消臭剤か?猫の気になるトイレ臭に効く最強の置き型消臭剤の紹介

猫にレモンやユーカリのアロマオイルが危険な根拠として、『伊藤動物病院』のスタッフブログが参考になります。

猫のアロマ中毒。|東武動物公園の動物病院「伊藤動物病院」 年中無休
猫のアロマ中毒。、埼玉県南埼玉郡、東武動物公園駅から徒歩12分の伊藤動物病院は、基本的な予防医学を大切にしながら、最先端のペット医療を提供する動物病院です。診察は年中無休。大切な家族の一員であるペットの命と健康を守るため、全力でサポートしま...

院長先生や、医師が書いた記事ではありませんが、実際に病院に従事している動物の看護師が書いた記事という事で、とても信憑性がありますし、前回書いた記事で医師の解説を要約した通り『リモネンは中毒症状を起こす』と医師が執筆したコラムにも記載されていましたので、精油系は基本猫に良くないという事が分ります。